美肌のもとになる成分



イソフラボンとは? イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造と働きを持つ天然成分で、エストロゲンの補助物質としてその効果が期待されています。どんな働きをするの?・皮脂の分泌の抑制 皮脂の分泌を促進する、女性ホルモンのプロゲステロンの働きを抑制します。・骨粗鬆症の予防 最近では、閉経後だけではなく、慢性的なカルシウム不足から骨粗鬆症が多くなっています。イソフラボンは、骨から溶け出すカルシウム量を抑え、骨を保護します。・更年期障害の緩和 更年期障害は、女性ホルモンの不足が原因です。イソフラボンを摂取することで、不足分の女性ホルモンの働きを補充することができます。・ガンの予防 ガンは、女性ホルモンの過剰が原因となって起こります。イソフラボンは、女性ホルモンの過剰な分泌を抑制する働きも持っているので、ガンの予防に効果的です。含まれている食品は? イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。 イソフラボンは、一日に40mg~50mg摂るのが理想とされています。納豆なら60g(約2パック)、豆腐なら150g(約半丁)、豆乳ならコップ1杯(約200ml)で摂ることができます。 ただし、上限量が75mgとされていますので、摂りすぎには注意してください。
Source: 美肌になるには 2020 シミ 毛穴 ニキビ 乾燥肌対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました