ビタミンB2の栄養|はたらきや食べ物



こんにちは、管理栄養士の尾上です。

ビタミンB2」は水溶性ビタミンの一種です。

タンパク質や脂質、炭水化物をエネルギーに変えるときに必要で、レバー、うなぎ、卵、乳製品、納豆などに多く含まれています。

目、皮膚、口の中の粘膜などの機能を保つ役割ももっています。

今回は「ビタミンB2の栄養」について解説します。

スポンサーリンク

ビタミンB2(水溶性ビタミン)

ビタミンB2は、水に溶ける水溶性ビタミンで、ごはんに混ぜる強化米の黄色はビタミンB2の色です。

また、ビタミンB2を強化した栄養ドリンクや栄養補助食品をとった後、尿が濃い黄色になることがありますが、これはビタミンB2の色によるものです。

ビタミンB2の働き

ビタミンB2は、主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。

活発に活動し、エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。

ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2は、レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、葉菜類などに多く含まれています。

水溶性のビタミンB2は、熱には強いものの水や煮汁に流れ出てしまうので、洗いすぎないようにしたり、調理した煮汁ごと利用したいものです。

また、光に弱いのでビタミンB2を強化した食品などは保存の際には光をさえぎる容器に入れるなどの注意が必要です

・酵母
・胚芽
・肝臓
・緑黄色野菜
・魚介類
・鶏卵
・乳製品
・海藻類

ビタミンB2の欠乏症

不足すると発育・成長が阻害されるほか、口の端が切れる口角炎、口内炎、舌炎などのように、皮膚や粘膜に炎症がおこりやすくなります。

これは皮膚や粘膜は生まれ変わりが速い組織であるため症状が現れやすいからです。

・口角炎
・口唇炎
・舌炎
・皮膚炎
・目の充血

ビタミンB2の過剰症

一方、水溶性のため使われなかった余分は尿中に出てしまうことから、摂り過ぎによる過剰症の報告はありません。

まとめ

ビタミンB2は、私たちがエネルギーをつくるのに欠かせない栄養素です。

どの栄養素も過不足なくバランスよく摂っていきたいですね。

今回は「ビタミンB2の栄養」について解説しました。

The post ビタミンB2の栄養|はたらきや食べ物 first appeared on ゴールデンレイシオ|クリニック・病院のホームページ制作・予約フォーム.

Source: ゴールデンレイシオ|クリニック・病院のホームページ制作・予約フォーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました